賃貸マンションで起こりがちな隣人トラブル例

賃貸マンションで起こりがちな隣人トラブル例

賃貸マンションで起こりがちな隣人トラブル例 賃貸マンションでの隣人トラブルは色々ありますが、一番多いのは、やはり騒音のトラブルです。
マンションは建物の構造からすると、鉄筋コンクリート造が多く、比較的騒音には強いのですが、騒音は気になり出すと小さい音にも神経質になってしまいます。
この騒音ですが、例えば子供が走り回る、あるいは夫婦喧嘩などの例が多いのですが、極まれに、ドアの音や内緒で飼っていたペットの鳴き声が原因になることもあります。
最初のドアの例では、玄関ドアよりも、室内のドアがクレームの原因になりやすいです。
と言うのも、玄関ドアは、挟まれ防止などのため、開閉速度をゆっくりとしてるので、音は鳴りにくいですが、盲点なのがトイレなどのドアで、意外に隣に響きます。
また、2番目のペットの例は、特に小型犬のキャンキャン鳴く声がトラブルに繋がります。
賃貸マンションでは、こう言ったトラブルが立ち退きにも繋がります。
まずはペットなどのルールを守ることと、隣人への気遣いが大切です。
お隣さんは大切にして、仲良く生活したいものです。

賃貸マンションと分譲マンションの大きな違い

賃貸マンションと分譲マンションの大きな違い 分譲と賃貸の大きな違いは支払う金額の違いです。
分譲マンションはまず最初に修繕積立金を支払うことになります。
これはマンションの老朽化が進み、大規模な外壁工事など修繕が必要な場合にこの積立金を使います。
また固定資産税もかかります。
賃貸は主にそのオーナーさんが税金やこの修繕費用などを支払います。
分譲マンションと言っても規模が様々あり、居住物件にいろいろなものがついていることが多いです。
あるマンションではゴミ出し、ロビー、階段など共用場所などは清掃員の方が清掃してくれるところもあります。
居住者が困っている勧誘業者などは立ち入り禁止ですし、各居住部屋にモニター画面で訪問者チェックすることができるのでセキュリティ対策も賃貸よりもはるかにいいです。
しかしセキュリティ対策が入るので人件費がかかり管理費用も上乗せされて掛かります。
賃貸は簡単に引っ越しできるのが最大のメリットといえますし、人の好みにもよりますが部屋の設備に最大の違いがあります。
この点はショールームなどで確認できます。