ペット可の良い点・悪い点

賃貸物件の更新料を払う意味とは?

賃貸物件の更新料を払う意味とは? 普通借家契約の賃貸物件契約では、通常で2年間の契約期間が満了した時に借り手が希望すれば契約の更新手続きを行うことで引き続きその賃貸物件に住むことができます。
更新の手続きは物件や不動産会社によってさまざまで、口頭で伝えるだけで更新OKの場合や必要書類の提出が求められるケースがあります。
また契約の更新をする際に更新料が必要な物件もあり、その場合は正式に取り交わす契約書や契約前に受ける重要事項説明の中に金額が明記されています。
賃貸物件の更新料を支払う意味合いは、引き続き部屋を貸していただくお礼の気持ちを大家さんに対して支払うというものです。
物件を借りる際の初期費用のひとつに部屋を借りるお礼として大家さんに支払う礼金がありますが、礼金とよく似た性質のお金と言えます。
お礼のお金なので、いったん大家さんに支払ったら、更新手続きをした直後であっても契約を解約してその賃貸物件から退去する時にも返金はされません。

連帯保証人が行うこととは?

賃貸物件を借りる際に求められる「連帯保証人」が行うこととは? 賃貸契約を交わす時に求められる連帯保証人は、物件を借りて実際にそこに住む方と同等の重い責任を負う保証人です。
連帯保証人は、借り手本人がもしも家賃の延滞をしてしまった場合には大家さんや不動産会社の請求に応じて延滞分の家賃を支払います。
また賃貸物件を借りている人が行方不明という事態には、本人に代わり荷物などを運び出して部屋を明け渡します。
さらに賃貸物件を借りている人が物件を開け渡す際には、原状回復といって室内を元通りにして大家さんに返却するという義務が発生します。
その部屋を借り住んでいた人がいなくなってしまったケースでは、保証人を引き受けている人が代わってこの原状回復の義務を果たすことになります。
つまり大家さんや不動産会社が実施する明け渡しの審査に立ち合い、借り手が自己負担で修繕やクリーニング、リフォームすべきと判断された箇所について賃貸契約をしていた本人に代わって費用を負担して原状回復することになります。